PROFILE

ごあいさつ

日本では昔から山や滝を神として崇めます。木にも石にも心があるように言われる文化は自然と深い繋がりをもっています。いけばなもそのひとつです。民族としての記憶です。そのような国に私も生まれました。いけばなを通して日本の伝統的な文化への興味がわいていた三十路のころ、それに相反するようですが西洋の花への関心が出てきてオランダとドイツへヨーロッパの花文化とフラワーアレンジメントの技術を学ぶために渡欧しました。これらの国で学ぶ生徒の姿勢や教科には日本と異なるものもありました。花の創作授業の中にはクラッシック音楽を聞いたり、いろんな美術館巡りをして、そのあとに各自がそれぞれに感じたものをフラワーアレンジメントで表現する科目には心が弾みました。野原や森の中に深く入って歩きまわり自分が摘んできた花をいけたときはその花との関わりが深くなる不思議な体験をしました。日本とは異なる花の種類や草木の自然、街やそこで生活する人々の様子と花との関わりも学校での授業内容に加えて楽しいものでした。ヨーロッパから戻ってしばらくは私のいけばなは西洋の模倣をしたデザインが多かったようです。もちろんそれはそれで素晴らしいし影響されるのはいいことと思いますが、やっぱり日本の風土や文化に照らせば花や花材のもつ素材を生かして、そこに自分が感じる思いとか心のようなものが表現できればと思っています。
いけばなはそれをいける器とは一体のものです。花をいける私は自分の感じた思いをいけばなの技能を使って創作しますが「花いけ」とは花を生ける器のこと、そのような素敵な「花いけ」にたずさう楽しい時間がもてたときは幸せです。心にかなう姿を探して花に鋏を入れます。切ることは選ぶこと、一輪を際だたせることですが残された花には切り落とされた花や枝葉からの託された思いが込められていると思います。自然のなかに生まれればたとえ一瞬でも長くその姿をとどめたいと願うのは花も同じだと思います。もともと野にあった花に人の手を加えてどうしてと、思ってしまいます。切らない花、無私の花、そんなことが出来るのか、今の私にはわからないけれど、それを課題にできるような花いけびとになりたいです。いけばなはもともと言葉にはできないことだと思います。ただ、花をいけることで私がまだ知らない自分を開花させることができて、自分が生きている世界で本当に大切なことは何か、をいつも忘れずにいれたらと思っています。今の私にとって花は自分自信を豊かにするもので、それで十分だし精一杯のところです。しかし、誰かが私のいけた花を見て心に響いたり、何か感じ取ってもらえるものがあればそれはそれで私は嬉しいし、花も自分も、ありがとうと言っているように思えることがあります。そのようなときがとても幸せです。

中村 晴美
Nakamura Harumi
■草月流一級師範総務
■日本フラワーデザイナー協会 審査員・NFD講師
■オランダ Dutch floral desigh Dipioma
■ドイツ プリザーブドフラワー Diploma

PAGE TOP